1月
13
2009

TohMegane(とおめがね)公開されました

TohMegane メイン画面

TohMegane メイン画面

iPhone用アプリ(カメラを使っているので、iPod Touchでは使えません)のTohMeganeがApp Storeで公開されました。ちょっと前に書いた、技術的興味から作ったアプリで、ユーザーインターフェースの点で一旦Rejectされたやつです。

iPhoneのカメラを使った単眼鏡*1です。近い所を映せば、拡大鏡(虫眼鏡)としても使えますが、iPhoneのカメラは焦点固定なので、iPhone用(あるいは携帯電話用)のマクロレンズでも使わないと、ピントは合いませんね。

倍率は等倍〜9倍まで。画像補正とか加工とかしていないので、あまり倍率を上げても画素が見えるだけです。また、iPhoneカメラのプレビュー映像は、リアルタイムプレビュー(ライブビュー)に主眼が置かれている様で、解像度が粗くなっていてぼけて見えます。撮影すれば、200万画素の画像として扱えますので、静止機能(撮影機能)をつけてあります。実は、この静止機能用のボタンに、ポーズアイコン*2を使ったんですが、それがReject理由。カスタマイズアイコン推奨だったので、虫ピンアイコンを自作して対処しました。

静止機能使用時、つまり撮影時には、簡単な機構を使って手ぶれを検知するようにしてあります*3。手ぶれがおさまったと判定された瞬間に撮影されます。

デザイン上、画面の半分程度が隠れてしまっていますが、全画面表示にすることもできます。

本館での紹介ページはこちら

--- --- 脚注 --- -- -- -- -- -- -- - - - - - - - - -
  1. 双眼鏡の片目の奴。上下が逆さまにならない望遠鏡。片目の眼鏡の事も単眼鏡と言うらしいけど、ここでは遠眼鏡(あ、これは望遠鏡だな)の方 []
  2. こんなの→pausebtn []
  3. 初期状態ではこの機能は無効になっています。設定で有効にできます []
--- --- --- --- --- -- -- -- -- -- -- - - - - - - - - -
Written by chime in: iPhone,自作アプリ | タグ:

2 個のコメント

  • りんもん より:

    こんにちは!
    とてもこのソフトに興味を持ちました。いつも近くのものを拡大して撮影するのに、chimeさんの本文にも書かれている、小さな虫眼鏡を当てて撮影視しています。
    iPhoneの焦点距離は変わらないとありますが、このソフトを使えば、近くに寄らなくても、大きく撮影できるならば、虫眼鏡を持ち歩かなくて良くなるのですが、その点は、いかがでしょうか?被写体に近くに寄らなくても、大きく撮影できるのであれば、使ってみたいのですが。。。

  • chime より:

    りんもんさん、こんにちは
    TohMeganeの静止画撮影機能は、画面上で拡大して見せているだけで、保存される画像ファイルはiPhoneのカメラアプリで撮るのとかわりません。あくまでも、その場で見るのを主題にしたアプリなので…

RSS feed for comments on this post.


Powered by WordPress. Theme: TheBuckmaker. Darlehen, Internet Technik